--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.10

引越し。

突然ですが、Blogを引っ越すことになりました。
これからはアメブロ公式Blogとなります。

ランダムで切り替わる"SHIBU"さんの写真を非常に気に入っていたのだが。。。

"Ryosuke's Note"
http://ameblo.jp/ryosukew
スポンサーサイト
Posted at 18:36 | お出かけ | COM(4) | TB(0) |
2007.12.09

【続報】アディクトの優劣感:舞台挨拶

このサイトでの映画『アディクトの優劣感』チケット受付は終了しました。
連絡をくださった方々、どうも有難うございました。
Posted at 23:34 | 映画 | COM(1) | TB(0) |
2007.12.08

アディクトの優劣感:舞台挨拶

12月22日(土)公開初日に舞台挨拶があります!
チケットをご希望の方は、Ryosuke Watabe websiteから、日付や枚数、お名前を記入してお気軽にMailを。
その他、不明点はコメントしていただければ返信します。
特別鑑賞券:1,300円(劇場窓口ほかにて発売)

公式サイト http://addicts.jp
日時:2007年12月22日(土)よりロードショー!
場所:渋谷Q−AX http://www.q-ax.com/
Posted at 16:48 | 映画 | COM(3) | TB(0) |
2007.11.18

口コミの人びと

現在、カナダの映像監督が来日して映画のパイロット版を製作している。彼はアーティストのPVやCDプロデュースを手がけたり、作曲やCGクリエーターとしても活動をしている。
MACで映像を見せてもらったが、日本の感性とはどこか違う。そして最近は、生理的に柔らかいものが多いように思えた。"Photoshop"もうちにあるのと同じはずなのに!

旧知のマネージャーが自社の女優をキャスティングして、その相手役に呼んでくれた。英語を話せないので、彼女に通訳も頼む。口コミで集合した人々は必ず呼ばれた理由がある。僕は演出されるのが好きでそのことについて口出しはしないが、YES-MANではないのでもっと扱いやすい俳優は多いだろう。

それでも声をかけてくれるのは、嬉しい。感謝。
Posted at 22:12 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.16

アディクトの優劣感・公式サイト

今年12/22から公開される映画『アディクトの優劣感』のHPが公開されたようですね。

アディクトの優劣感公式サイト
http://www.addicts-movie.com/
Posted at 00:57 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.13

打ち上げとカラオケ

2週間のWS(ワークショップ)が終了した。共演者の知っている新宿の店で朝まで飲んでいたが、みんな歌が上手くて驚いた。普段カラオケで飲みながらBGMのように楽しめることはあまりないのだが。
Posted at 22:15 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.12

内輪ネタ

だんだんと形が出来てくると、出演者は観客とコミュニケーションを取り始める。それは観ている側を実際に見たり話し掛けるということではなく、感じながら演じる。映画やTVとは異なり、舞台が実は一方通行でないメリットだ。

ところが稽古中に、見ている側が身内であることを忘れているとすぐに問題が生じる。今回は見ていてそれがとても顕著(けんちょ)だった。
実際の客は全員が初見(しょけん)とわきまえる必要がある。彼らは台詞を取り換えたからと言って反応はしないし、また前回と動きが異なるからという理由で笑ったりもしない。

台本の流れとは無関係の小ネタは、何度も見ている自分たちにはフレッシュで良いが、1度でストーリーを追いかけたい客にはよほど気をつけないといけない。
Posted at 21:59 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.11

情報を選別する能力(ちから)

今回は昼夜とグループが2つに分かれている。どちらも30名弱。それをさらに2分して全部で4チーム。

不思議なことに15名程度が出演していても目立つ人はいる。それは見た目の美しさや声の良さ。アイディアの面白い人など、見ていて気持ちの良い人にアンテナが反応する。
逆にやり過ぎだと、観客は頭から排除しようとする。周囲から聞こえる複数の雑音から、誰かの声だけを聞き分けるように。つまりは人間の本能だ。
Posted at 21:56 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.10

エリーダ~海の夫人~

基本的には新劇のようなストレートプレイが好き。でも現代では、少しばかり古めかしい印象がある。それを軽々と払しょくさせてくれたのが当時の"TPT"だった。

初めて観たのは『エリーダ~海の夫人~』。確かもう十数年前だ。知り合いが出演していて、原作はイプセンかまたはそれをモチーフにしていたと思う。戯曲は古いが、あまたある中で生き残っているのは、逆にそれだけの価値を有しているということ。

客席に挟まれた細長の舞台はわずかに傾斜し、片側を本物の水に浸(つ)けていた。そう水辺の景色だったのだ。それがデヴィッド・ルヴォーの演出だった。
Posted at 22:56 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.09

失敗は存在しない。

本公演用の稽古ではないので、演出も芝居も約束事が少ない。むしろ制約を取り去ったときに、どこまで自由になれるかを模索しているようだった。つまり失敗は存在しない。
Posted at 21:52 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.06

無い物づくし

2週間のうち後半の1週間では、役を決めて簡単に上演することになった。これは参加当初から決まっていたこと。
ただし場所は稽古場。美術もセットもない。蛍光灯の地明かり。実はTVや映画のリハーサルでも似たような環境だ。

特別なメイクもなし。カメラワークも演出も、とにかく助けてくれる要素は少ない。もちろん女優を照らすレフ版もない。衣装も思い思いに用意するので統一性は無い。
Posted at 21:51 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.05

正の財産

どこかで製造年月日を偽装すれば、あらゆる年月表示の価値が下がる。
マネージャーが培ってきた人脈や信用は、現場に来た者が証明しなければならない。
使命感の足りない舞台は、どんなアマチュアでも日本の観客を減らしていくだろうし、
会社の営業では、最初に応対した人間のイメージがいつまでも付きまとうだろう。

誰に迷惑をかけていないつもりでも、自分たちは知らずに先人たちが伝えた『正の財産』を食いつぶしているかもしれない。
Posted at 11:34 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.04

他人の嗜好

ワークショップでは、数十人の俳優が集まってシーンを作ったりする。ほとんど知らない者同士の集まりだが、目が行くのはすぐに決まる。
なにしろ他人の嗜好(しこう)に左右されるのだから、それはそれは明快(めいかい)だ。

それでも美人だな、と思って見ていて続かないこともあるし、普通に見える人が瞬間的に輝くこともある。キツイ印象を持っている人が、赤ちゃんみたいな笑顔を見せると、急に惹きつけられたりする。
誰かに見せびらかすための相手でもないから、自分のその正直さに驚くばかりだ。
Posted at 11:40 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.03

素っ裸の自分

映像はまずカメラが愛してくれるが、舞台上ではうまく立ち回っているつもりでも、素っ裸ということがよくある。

誰かに照明を当てて、ステージに載せる。
それだけで、いったいどれだけの俳優が観客を納得させられるのだろう?
Posted at 23:07 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.02

子供のように遊んだり。

2週間のうち初めの1週間はWS特有の、身体を動かしたり子供のように遊んだり。

台本もキャスティングをせず、フラットな状態での本読みだった。1つの役を、仮に1人で読むようなこともしない。台詞を固定せず、変な抑揚(よくよう)もつけない。もしこの作業に意味を見出せないのなら、たぶん恐ろしくつまらないだろう。
Posted at 21:49 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.01

モーションキャプチャー

オーディション用の脚本を読んでいる。ファンタジックでキャラは漫画っぽいが、レベルは高い。

秘密保持のため【要返却】の書類。こうして事前に用意してもらえるのは有難い。向うも違いが判り易いし、これで現場的なコミュニケーションが試せないという訳ではないだろう。
Posted at 11:28 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.10.31

TPTワークショップ

俳優には調整が必要だと常々思っているが、実際にこうして時間を取ることは難しい。

演技のトレーニングというほどの堅苦しいものではなく、カウンセラーに内面外面の調子を診てもらう感じ。まあ正解は無いのだが、長く続けていると自分でどの状態がベストコンディションか、解(わか)ってくる気がする。

それにしても台本を何人かで、こんなにじっくり読んだのは久しぶり。残念ながら演出家である木内さんの舞台を拝見したことは無いが、面白い台本を書ける人はそれだけで信用できる。

最近は映像が続いたので、また舞台にも目を向けたくなっている。俳優は結構、映像・舞台と分かれている気がするが、僕にはあまりこだわりが無い。むしろ飽きないように両方を渡り歩くのが好きだ。
Posted at 18:36 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.10.30

ミステリア・ブッフ

TPTで来年3月に上演される舞台『ミステリア・ブッフ』の台本を使いWSは始まった。全4幕だが、ロシアの90年前の戯曲なので現在、木内さんがリライトしている(そもそも本作の冒頭に、上演時に合わせての書き直しを奨励している)。
Posted at 21:47 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.10.29

大ロボット博

大ロボット博
子供の頃に見た、ガンダムやゲッターロボなんかのおもちゃが先ず迎えてくれる。日本人は自然にロボットを愛すべき対象と見ることが、この業界での先進国たる所以(ゆえん)と聞いたことがある。
その通路を抜けてメイン会場へ。そうそういろんなコミュニティーロボット、警護ロボットがある。TVで見たことがあるモノばかりだ。。。それらが置いてあるだけ。

・・・ガーン、動くのを観に来たのに!!

上にあるモニターで、実際の活動風景が流れているが。それならTVで十分でしょ。別会場で10分程度のASIMOショーがあったけど、会場にいたほとんどの時間、並ぶのに費やされた。
Posted at 12:13 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.10.28

上野公園

台風一過(たいふういっか)で秋晴れに、上野公園の散歩が気持ち良い。子供の頃はよく連れて来てもらったなあ。

渋谷、新宿とはまた違う人ごみのあちこちで、大道芸人のパフォーマンスが行われている。よそと違うのは音楽だけでなく、タップダンスやジャグリング、舞踏など雑多であること。数分ごとに新たな人だかりに当たる。
Posted at 11:52 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.10.27

ブロードウェー・ミュージカル「カンパニー」

あまり自宅のTVで映画や舞台を観ない。目が留まったのは久しぶりだ。2時間半、周囲に情報が多い劇場でない空間を忘れさせてくれた。まさに大人の娯楽。洒落(しゃれ)ていて、テンポも良い。

独身貴族の男性が、多くの友人の生活を垣間見ながら少しずつ成長していくというオーソドックスなストーリー。それは作家や演出家のセンスを必要とする。
キャストも音楽に精通していて、全体のレベルの高さを感じる。楽器が出来てなお役者として魅力的であるのは、なかなか巡り合えない。
Posted at 13:29 | 舞台 | COM(0) | TB(0) |
2007.10.23

満員御礼。

年末に何本かの劇場映画が公開されていますが、観に駆け付けてくださった方々、どうも有難うございました。

おかげさまで映画『裸OVER8』は評判を呼び、後半は口コミで連日満員となりました。OVER8シリーズは今後も続けられそうです。特に出演した『青い種』は、次の展開も待っているようで大いに期待しています。
また現在公開中の映画『wiz/out』も、全国の”ぴあ満足度ランキング”で第9位に食い込みました(10月11日(木)付 ― 10月6日(土)公開映画)。これは邦画・洋画を問わず、実際に観た観客の評価を算出しているので、非常に信ぴょう性が高いと言えます。

個人的にはどちらも複数回見ているのですが、最終的には自分の出演しているシーンにしか責任が持てません。いえ、それすらもこれだけ多くのスタッフや共演者との共同作業ですから、真実とは言えないのです。

あとはただ観てくださるみなさまが、なにかしらポジティブに感じてくだされば幸いです。
Posted at 09:25 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2007.10.22

第27回三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権大会

社交ダンスというと、残念ながらやや時代遅れなイメージがつきまとう。が、今回は各国のチャンピオンを観て、それが誤りであることを知った。

解りやすく言えば、よくTVで目にするアイススケートの地上版。

どんなに技術でカバーしようが、普段モテない人が観衆に晒(さら)されて突然魅了することはありえない。ダンサーとして見れば、というのは一般客には通用しない。

レベルの高いミュージカルのよう! 誰だか知らないが、竜巻のように圧倒的な真空を生み出す。ひいき目は関係ない。観客を虜(とりこ)にする有無を言わせぬ存在感。
こんなにもレベルが違うなんて・・・!
Posted at 16:42 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.10.16

東京では無理らしい。

免許証の条件【眼鏡等】を外しに江東免許試験場へ。東京都では、警察署で条件を変更してもらえないらしい。

クレジットカードが使えたかな、と思いながら、相談窓口へ申告すると、無料と言われた。
そのまま視力検査をして「こんなに大きな“C”で検査になるのかな」と思いつつ、5分後には免許証裏面に訂正印が押されていた。

免許を作るときや更新時の、あの待ち時間は何なんだ。
Posted at 17:53 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.10.13

Wiz/Out:舞台挨拶

10/13(土)公開1週間後に舞台挨拶があります。
チケットをご希望の方は、Ryosuke Watabe websiteから、日付や枚数、お名前を記入してお気軽にMailを。
その他、不明点はコメントしていただければ返信します。
特別鑑賞券:1,300円(劇場窓口ほかにて発売)

公式サイト http://www.focus-infinity.com/wizout/
日時:2007年10月06日(土)よりレイトロードショー!
場所:渋谷ユーロスペース http://www.eurospace.co.jp/
Posted at 20:50 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2007.10.12

裸Over8:舞台挨拶

10/12(金)にも舞台挨拶があります!
チケットをご希望の方は、Ryosuke Watabe websiteから、日付や枚数、お名前を記入してお気軽にMailを。
その他、不明点はコメントしていただければ返信します。
特別鑑賞券:1,300円(劇場窓口ほかにて発売)

公式サイト http://www.over8.com
日時:2007年9月29日(土)よりレイトロードショー!
10月19日(金)まで3週間 午後8時30分より
場所:シネマアートン下北沢 http://www.cinekita.co.jp/
Posted at 17:37 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2007.10.09

水星を飲み込む太陽

今度は中央に緑のレーザーが見えた。これなら視点を合わせやすい。と、後ろから太くて赤いレーザーが現れた。水星を飲み込む太陽。
さきほどスライスした場所は、その一部が残されていて蓋(ふた)のように開け閉めができる。

知識では、それが捲(めく)られ中を削られている頃だ。そういえば僅(わず)かにコゲ臭い。この振動のようなレーザーがそう思わせているのか。目の前は光でよく判らない。

ただ、最後に何度か上から下に流れた白い軌跡は、枠のない映画のスクリーン越しに見えた。眼球を撫(な)でて蓋(ふた)をされたが、麻酔のせいでまるで他人ごとだった。

起き上がるとまだ曇(くも)っていたが、よく見えた。案外、小さな部屋だった。見慣れた覗き穴の向こうで、やっと眼科医の顔が見えた。
Posted at 17:52 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.10.06

さっきの人と同じだ。

作業が終わると来たときと同じような速さで引き上げていった。今度は看護婦が一人残っていて僕の手を取ってくれた。

目の前は、コンタクトレンズをしたまま眠ってしまったときのように霞(かす)んでいた。霧(きり)がかった通路を両手を引かれて歩き、次の部屋へ向かう。
Posted at 17:50 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.10.04

左右20秒

てきぱきとした女性2-3人が入ってきた。おそらく隣の手術を終えたのだろう。僕の周りに取り巻き、頭上の一人が「○○です。よろしくお願いします」と言ってきた。大きく見上げる気にはなれなかったので、顔は見えない。

左目をガーゼで覆(おお)った後、右目にアームの付いた浅いお椀(わん)が被(かぶ)せられる。機械的な作業が続く。きっと人造人間はこういう気持ちなんだと思う。
さきほど挨拶された眼科医に何か言われて、目の周りを抑えられた。360度均等な力なので、シャボン玉を作るような輪っかを想像した。「ボーッと見て、ボーッと!」と言われたが、暗闇でそうするのは難しい。自分をリラックスさせて無意識に視点を動かしたら、スライスがずれてしまうだろう。

左右20秒ずつだった。
Posted at 17:46 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.10.03

何が良いかな。。。

また事務所名が変わりそう。現在募集中。ここ数年で、移籍も含め個人的に数回変わっている。

最近はもう、ただ若い頃のように、ただ預かってもらえれば良いわけでもないので、マネージャーを始め周りの環境と一緒に動いていきたい。
少しずつ、自分の求めている状態になっている気がする。
Posted at 17:44 | お知らせ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。